重度のうつ病は入院での治療で改善|適切な治療が最も大切

医者

病の理解と対処方法

男性医師

定義と要因

うつ病とは現代型、老年期、軽症、といくつかの名前があります。うつ病の症状が重度であれば入院が必要な方もいます。これはその人の年齢であったり、要因が現代に多く見られるものであるかや、軽度なものによるかで変わってきます。うつ病の定義としては以下の通りです。生活の中で様々な要因で気持ちが落ち込んだり、私たちは憂鬱な気持ちになります。本来であれば一日で治ったり、数日で回復するのですが、うつの場合はこの限りではありません。原因が解決しても気持ちが落ち込んだままだったり、倦怠感が強く現れたり長期間続くことがあります。これにより普段通り生活が送れなくなったり、思い当たる節がないのにそのようになることが一般的にうつになるといわれています。うつ病は何も治療をしなければ進行し生活が厳しくなるので入院も時に必要になります。原因うつ病は謎が多く解明されていないことが多くありますが、やる気を出すアドレナリンや幸せ物質セロトニン分泌の減少や神経伝達物質機能に異常が生じることが要因だとされています。またその人のストレス耐性や環境、体の状態、生活習慣により様々です。うつ病に多い性格・習慣生真面目完璧主義仕事熱心責任感が人一倍強い人情深く、相手のことをいつも考えている人昼夜逆転生活セロトニンを含む食品の少ない人や食生活が乱れている人うつ病はストレスが引き金になります。リストラや引っ越し、経済的な理由、新しい仕事や入学、昇進、出産、結婚、家族づきあい、人付き合いなどあらゆる場所からストレスはやってきます。また薬にも副作用として抗鬱症状が現れます。入院患者にもうつ病のリスクはあります。抗ガン、ステロイドなどもその症状が副作用として現れる可能性のある薬です。しかし入院の方は医師や家族の支えが身近にあるので発病したとしても安心できる要素はあります。意外なことに時にポジティブな出来事からもうつ病になることもあります。

うつ症状と治療

うつ病には精神と身体、大きく分けると二つの症状があります。精神症状気分の落ち込み、憂うつ感、将来を悲観する。興味や楽しみ、喜びがなくなり、様々な欲求や関心が低下する。なんでも悪いほうに考え、物事をネガティブに考えるようになる。また死んだほうがましだと現実逃避する。被害妄想や心気妄想身体症状不眠または睡眠過多疲労感、倦怠感体の随所に痛みが現れるこのようにいくつかの症状が現れ、症状が複数認められるとうつ病と診断されます。しかしこれだけでなく医療面接をして情報を聞いて総合的に医師は判断します。また医療面接も行われます。本人だけでなく、家族からもお話を聞くことがあります。治療法十分な休養が大前提になります。これにより、精神的な休養と、身体的な休養を図ります。これにプラスして薬によって神経伝達物質の改善を図ります。さらに、精神療法を組み合わせます。その方の考え方を根本から変えさせたり、うつ病になる前の考え方に戻します。また、患者は休んでいると休んでいることに罪悪感を感じます。なので本人にうつ病だと理解させ治療に専念することを理解させることが大切になります。また薬物療法もあり、これは意欲を出させる薬や不安や緊張を取り除く効果があります。効果が出るのは一週間や数日かかります。再びうつ状態になるのを防ぐためもとに戻っても、半年以上治療を続けることもあります。また数回うつ病になっている方は数年にわたり服用が必要になります。そのほかにも電気療法もありますが、これは薬物療法で効果が少ない方に行われる方法です。最後にうつ病は重度になると数年にわたり治療が必要です。また一人では治療は難しく周りの方の理解がとても大切になります。支える側もうつにならない精神的な強さが必要になります。

Copyright© 2015 重度のうつ病は入院での治療で改善|適切な治療が最も大切All Rights Reserved.